打开主菜单

萌娘百科 β

打开主菜单

萌娘百科 β

只为生命

29392987.jpg
本曲目已成为传说。

由于本曲目的投稿视频播放数超过100万次,本曲目获得VOCALOID传说曲的称号。
更多VOCALOID传说曲请参见传说曲一览表


只为生命.png
PV by アボガド6
歌曲名称
只为生命
命ばっかり
于2017年8月4日投稿至niconico,再生数为 --
亦投稿至YouTube,再生数为 --
后于同年11月26日投稿至bilibili,再生数为 --
演唱
V flower结月缘(和声)
P主
nulut
链接
Nicovideo  bilibili  YouTube 

命ばっかり》是nulut于2017年8月4日投稿至niconico的VOCALOID日文原创歌曲,由V flower演唱,结月缘和声,之后又于同年11月26日投稿至bilibili。

歌曲

宽屏模式显示视频

歌词

  • 翻译:Alice/箱庭博物馆[1]
作编曲
作词
nulut
视频制作 アボガド6
吉他 和田たけあき
Engineering 中村リョーマ
演唱 V flower
和声 结月缘

本段落中所使用的歌词,其著作权属于原著作权人,仅以介绍为目的引用。

日々を磨り潰していく
一天一天消磨
貴方との時間は
与你的时光
簡単なことじゃ
近乎无法原谅地
許せないくらいに
都耗在简单的事上
おかしくなってしまった
彻底变得奇怪了
安心したいだけの
只为求心安的
口先だけじゃ 
嘴上敷衍
いや いや いや
就不必了 不必了 不必了
どこまでも単純だ 
到哪都是单纯的
ここまでと悟った 
明白就到此为止了
座り込んでもう歩けなくなる
深坐原地便再也走不动
最初だけじゃないなら 
如果不只是一开始
際限もないならば
又如果也没有终点
どこへだって行けるはずさ
便应该是哪 都能去的啊
遠くへ 遠くへ 水の味を覚え
往远方去 往远方去 记住水的味道吧
街路に目が眩み夜を越えてしまう
街道上目眩著跨过黑夜
遠くへ 遠くへ 動けない僕のことを忘れて
往远方去 往远方去 忘记动弹不得的我吧
知らないを知りたかった
想知道不知道的事
知り得ることはなかった
却不得而知
水圧で動けなくなっていく 
因水压而逐渐动弹不得
また蝶の夢を見る
又做了个成蝶的梦
好きになりたかったんだ 
曾经想喜欢
好きになれなかったんだ
却没有办法
「正しい」を理想としていたら
若将「正确」视为理想
置いて行かれた
便会被丢下
追いつけなくなったんだ
再也追不上
当たり前に過ぎていく
应该理所当然
はずだった時間は
流逝的时间
何十年とも
感觉起来
感じるほど長く
却有数十年那般长
眠りすぎた頭痛で
睡太久而头痛
這い出してきた僕は
匍匐而出的我
どこにももう
已经是哪
行けやしないから
也去不了
どこまでも純情だ
到哪都是纯真的
それでしかなかった
除此之外一无所有
飾らないで 分かち合いたいから
别掩饰了 我想与你分享
貴方の影が眩む
为你的影子目眩
見失ってしまった
看丢了它
また眠れない夜になっていく
睡不著的夜晚再次来访
「どうしたいの」なんて問えば
若问「你想做什么」
「どうもしない」なんて返す
便回答「没想做什么」
貴方はもう何も教えてくれないの
你已经不会告诉我任何事了
今日食べた食事も
今天吃了什么
行きたい場所さえもう
连想去哪里这些事
何にも どれをとっても
无论 该问哪一个
わからないだけだ
都不知道了
遠くへ 遠くへ 水の味を覚え
往远方去 往远方去 记住水的味道吧
街路に目が眩み夜を越えてしまう
街道上目眩著跨过黑夜
遠くへ 遠くへ 動けない僕のことを忘れて
往远方去 往远方去 忘记动弹不得的我吧
貴方の横顔を見て
望著你的侧脸
引け目を感じてしまった
我便感到自卑
救われたいとだけ喚く僕は
只能喊着想被拯救的我
きっともう我楽多だ
一定已经是垃圾了
思想犯はもう止めた
不再当思想犯了
「分かれない」を悟っていた
领悟到「分不开的」
とりとめのない言葉だけでは
只用不得要领的话语
薄紙を剥がせない
是撕不下那张薄纸的
普通に固執することが
普通地固守己见
怖くてもう泣きそうだ
也太过害怕就要哭出来
自堕落を鏡で見ていたら
看著镜子里的堕落自我
薄っぺらだ
便见浅薄一片的
薄っぺらだ
浅薄一片的
薄っぺらだ
浅薄一片的
薄っぺらな僕だった ぼくだ ぼくだ
浅薄一片的我啊
僕だけだったんだ
一直都只有我啊
  1. 翻译转载自VOCALOID中文歌词wiki